楽天カード

 

楽天カードにアメックスを指定できるようになったことを知っていますか?

わたしは、初めてこの話を耳にしたとき「楽天・・・本気だな」と感じました!

そして、楽天カードでアメックスを選択するのはスゴくありだな!とも思いました。

正直なところ、日本人にとって「アメックス」というブランドは、馴染みがなくネガティブに捉えられてしまうことが多いです。

楽天カードでもアメックスと耳にしただけで、反射的にダメだ!と拒否反応を示してしまう方もいますが・・・

実は、楽天カードのアメックスにはかなりいいところがあります。

きちんと「分かって」選べば使い勝手もいいものでもあります。

実は多くの点で、楽天カードのJCB楽天カードのVISAとまったく変わりません。

ですから、身構える必要はぜんぜんありませんよ。

そこで次の章からは、「楽天カードのアメックス選択って実際はどうなの?」という疑問に対してお答えしていきますね。

(関連記事)

楽天カードでアメックスを選ぶとイイことありますよ!

楽天カードのブランドは以下の4種類の中から選ぶことができます。

  • アメックス・・・高級感を得られる。自分の楽天カードのステータスがちょっとした上がる(?)
  • JCB・・・東京ディズニーランド・シー関係のサービスに優れている
  • VISA・・・クレジットカードOKのところであればほぼOK
  • MasterCard・・・VISAが使えればMasterCardも使えるお店が多い

同じクレジットカードにも関わらず、ブランドを変わるだけで、そのカードの特性が変わってくることが理解できますよね。

アメックスを選ぶことで得られるメリットとは?

そこで、おすすめのアメックスについてですが、アメックスを選択することで得られる大きなメリットは、アメックスが提供している特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用できることです。

  • エクスペディア・・・海外・国内の人気ホテル8%OFFなど
  • ゴルフスケープ・・・世界中にある魅力的なゴルフ場を15%OFFで利用できる
  • 出光昭和シェル・・・ハイオクガソリンが2%キャッシュバック
  • オントレ(※1)・・・国内のホテル・ダイニング・スパ・ショッピングの特別優待
  • ニッポンレンタカー・・・合計で15,000円の利用で10%分の金額をキャッシュバック
  • 阪急メンズ東京・・・20,000円以上の買い物をカード払いすると1,000円の商品券をプレゼント

(※1)楽天ブラックカードのみの特典

このようなサービスが、ほかにもたくさんあります。

特に、海外でのホテルやレストランの優待が充実しているため、海外へよく足を運ぶ人にとっては、かなり便利な特典になること間違いありません。

もちろん、国内でも多くの特典を受けることができるため、上手に活用をすれば、かなりのお得です。

アメックスなのに年会費無料で持つことができる楽天カードはスゴイ!

他クレジットカードで、アメックスが避けられてしまう1つの理由に「年会費が高い」ことが挙げられます。

3,000円(税別)以上の年会費を徴収するクレジットカードが多い中、楽天カードは無料という思い切ったことをしてくれているのです。

クレジットカードに詳しい人であれば「あのアメックスが無料で使えるの!?」と驚きを隠せないはずです。

それくらいメチャお得なんですよ。

メインカードを楽天カードのアメックスにするスタイルが可能になる

通常、年会費が高いアメックスのため、クレジットカードを選択するとき除外されることが多いです。

しかし、楽天の場合は無料のため、気軽に発行することができます

イメージとしては、メインカードを楽天カードのアメックスにして、サブカードを、JCB・VISA・MasterCardの中から選ぶという方法を取ることができるようになります。

オススメのサブカードはVISAになりますが、ご自身の生活スタイルに合わせてもらえればよいと思います。

とにかく、アメックスが選択肢に入ってくること自体、スゴいことだということです。

そもそもアメックスは「ちょい裕福なひと以上」がターゲット

メリットはまだまだあります。

アメックスは「ゴールドカード」クラス

たとえば、社会人になって1年目で年収は300万円の人と、社会人歴30年以上の役員レベルで年収は2,000万円の人と裕福度を比較をした場合、後者の裕福レベルが段違いに高いですよね。

もし、この二人が同じ楽天カードを持っていたとなると、役員レベルの人に対して「もっといいカードを持てばいいのに」と感じる人もいるはずです。

そこで、先ほど説明をしたアメックスの特典を思い出してください。

実は、これほどのサービス内容は他社クレジットカードのゴールドカードクラスにあるということができるのです。

つまり、アメックスは通常のクレジットカードであっても、ステータスが高いクレジットカードになるのです。

楽天は、この富裕層レベルの顧客も確保するため、足掛かりの1つとしてアメックスを用意した思惑があります。

海外でも評価されるクレジットカード

JCBやVISA、MasterCardブランドで、楽天カードのゴールドカードを持っていたとします。

それを海外で見せても「ふーん、そうなんだ」ぐらいの評価となってしまいます。

しかし、通常の楽天カードのアメックスを見せると「おっ、ある程度、ステータスのある人だ!ちゃんとサービスをしなきゃ!」と態度が変わる場合があります。

さらに、これが楽天プレミアムカードや楽天ブラックカードにもなると、提示するだけでVIP待遇をしてくれることも期待できちゃいます。

ということで、あからさまに店員さんの態度が変わることもあるため、海外でクレジットカードを活用する場合、アメックスを持っていると、何かと便利なことは間違いありません。

ちなみに、ダイナースクラブも同様の評価になることもあります。

明確な線引はないものの、持っても面白いカード

そうなってくると、気になるのが「じゃぁ、どれくらいの年収で、どれほどの裕福度でアメックスのカードが発行できるの?」といったところです。

結論からいえば「それは分かりません」としか回答することができません。

ただ、一般的な年収、またはそれよりも少し上ぐらいの年収さえあれば、問題なく発行ができそうな雰囲気はあります

というのも、審査に通過したという楽天カードの口コミ情報に載っている方たちの年収を見ると、大体これくらいだったからです。

楽天カードマンのウェブCMがオモロイ!胸の奥に訴えかけるこの真実がアツすぎるゼ!

楽天カードのメリットが凄まじすぎて衝撃を受けてるんだが・・・

よく目にするデメリットはデメリットにあらず!?

アメックスはデメリットが多いってよく言われているようです。

が、デメリットといわれている内容は、実はデメリットではありません

なんじゃそりゃ。

そこで、この章は「アメックスってデメリットが多いって聞くからなぁー」と悩んでいる方に贈りたいと思います。

加盟店が少ない! ⇒ JCBと提携しているから問題ない!

アメックスはよく「加盟店が少なく使える場所が限られる」と紹介されます。

確かに日本ではアメックス加盟店は少ないです。

これは事実です。

ですが・・・アメックスはJCBと提携しているため、実はなんの問題もないのです。

というのも、提携しているというのは、JCB加盟店であれば、アメックスでの支払いができるという意味だからです。

日本国内ではJCBブランドが使えるお店は多く存在することは知っての通りです。

アメックスをJCBカードと同じように使うことができるので、なんの問題もありませんよね。

加盟店が少ない! ⇒ 逆に店の取捨選択に使える!

加盟店が少ない!ということは、逆にお店側が加盟したくない!と言い換えることができます。

または、加盟しようとしたけど審査落ちしてしまった!というケースもあります。

これが意味することは、大衆向けのお店というよりもワンランク上のサービスをしてくれるお店であるという証明にもなるのです。

お店の入り口に「アメックス」のマークがあった場合「期待していい」と考えることができるわけです。

だからこそ、お店選びをするときに取捨選択の判断材料になると言うことができ、全然、デメリットではないと判断できますよね。

もちろん、すべてのお店がそういうわけではないことは、念頭に置いておいてくださいね。

海外キャッシングが使えない! ⇒ 旅は計画的に!

楽天カードをアメックスで発行する場合、デメリットとして「海外キャッシングサービスは利用できない」と紹介されていることがあります。

確かにサービスが使えないことはデメリットということで間違いありません。

しかし、このサービスを活用するシーンがあるか?と問われた場合、ノーと答える人は多いのではないでしょうか。

いろいろ海外に行っている人に話を聞いても、海外でキャッシングサービスを使ったことがあるという人は皆無です(あくまでもわたしの周りだけの話なので・・・確かなソースはありませんが・・・)。

つまり、実用面の話であれば「使わない」ことが大前提になるため、あってもなくても一緒ということができます。

であれば、デメリットではないのかなと・・・結論づけることができるはずです。

もしそれでも海外キャッシングサービスを利用したいというのであれば、サブカードの機能を持たせたりと、別の方法を選択する方がよっぽどスムーズです。

アップルペイが使えない! ⇒ 使わなきゃいい!

アップルペイが使えないデメリットがあるのであれば、使わなければいい!という結論です。

そもそも、楽天カードとアップルペイの相性はよくありません。

アップルペイを目的にクレジットカードを発行するのであれば、もっと違うクレジットカードにした方がいいほどです。

さらに、楽天には「楽天ペイ」と呼ばれるサービスが提供されているため、そちらを使った方がよっぽどいいです。

楽天ペイが使える加盟店はまだ「津々浦々にまで」というわけではないので、場所によっては使い勝手が悪いところもあるかもしれません。

そう感じた場合は、素直に加盟店が多いPayPayを使った方が、よっぽどお得です。

(アップルペイを否定しているわけではありません。楽天カードと相性が悪いよ!というお話をしているだけです。)

アメックス選択に悩む人へ・・・素朴な疑問Q&A

ここでは、アメックスの選択に迷っている人たちのため、そのモヤモヤをここで解消させたいと思います。

素朴なQ&Aを記載するため、悩みが解決できれば幸いです。

 楽天カードの2枚持ちは可能ですか?

楽天のQ&Aを調べてみると「弊社ではお一人様で複数枚のカード発行はいたしかねます。」と回答しています。

したがって、1枚をVISA、1枚をアメックスのような持ち方をすることはできないことになります。

これは、カード種別が変わっても同じです。

例えば、楽天カードを所有の状態で、楽天PINKカードを所有するというようなイメージです。

こちらも、公式サイトで「できない」と明確に謳っているため、2枚持ちは不可能と言うことができます。

ただ、気になるのは他サイトなどでは「条件付きで持つことができる!」と記載しているのが見受けられます。

もしかしたら、裏技的なことができるのかもしれませんが、楽天公式サイトで「できない」と謳っている以上、あまりいい選択ではないことは間違いありません。

どうしても複数枚の楽天カードが欲しいのであれば、事前に楽天側に問い合わせておくことをおすすめします。

ブランドを切り替えることはできるの?

複数枚の所有がNGとなれば、アメックスにしたい場合、どうしたらよいのか?

ブランドを切り替えることで対応することができます。

楽天の窓口に連絡をして相談をすれば、順を追って説明をしてくれるため、簡単にできるはずです。

切り替え後にまた切り替えることは可能?

例えば、VISA -> アメックス -> MasterCard と複数回に渡って切り替えることは可能か?と気になるところです。

一番、しっくりくるブランドを選びたい場合、このようなことができると嬉しいですからね。

回答としては、常識の範囲内であれば、問題なく切り替えることができます。

常識の範囲内と表現させてもらったのは「1ヶ月ペースで切り替えをする」など、頻繁には切り替えることができないからです。

ただ「●●日以上経過してから」という明確な線引はないため、このような表現をさせてもらいました。

何度も切り替えると心象が悪くなってしまうので、基本的には1度の切り替えで、事足りるようにしてはおきたいところです。

結局のところ楽天カードでアメックス選択はありなの?

さて、ここまで楽天カードでアメックスについて、これでもかというぐらい説明をさせてもらいました。

中には「思っていたのとは違った。意外と使えそうなブランドなんだな。」とポジティブに思ってもらえると、スゴく嬉しいです。

ということで、アメックス選択はありなのか?ですが、普通にありと断言できます

理由を以下に箇条書きをしておきます。

  • 日本国内でも使える店舗は多い(JCBが使えればアメックスも使えるため)
  • 海外へ行く場合は何かと便利(海外系の特典サービスが多い)
  • 他ブランドと比較をしても楽天カード自体の性能が変わるわけではない
  • サブカードなどでVISAやMasterCardは簡単に用意ができる
  • 無料でアメックスが持てるなんて、むしろ大きなメリットでしかない

といったところが大きな理由になります。

特に無料という部分はスゴく大きなメリットとなるため、一度、所有してみることを強くおすすめします。

数年試してみてから、駄目と感じたら解約をすればいいだけなので。

で・・・結局、楽天カードアメックスの中でもどれを選べばよいの?

最後に、この楽天カードをアメックスブランドにした場合、どのようなカードになるのか?について触れていきたいと思います。

ということで、以下に基本情報を記載します。

もう知っているよ!という人も、復習がてら読んでいただけると嬉しいです。

1つポイントとして念頭に置いておきたいのは、ゴールドカードはアメックスを選択できないということです。

一気にプレミアムカードへジャンプアップします。

( 楽天カード or 楽天PINKカード) → 楽天プレミアムカード → 楽天ブラックカード

↑のようなイメージで楽天カードのステータスをアップをしていきます。

楽天カードアメックスの基本情報

まず楽天カードアメックスの基本情報を見ていきましょう。

カード種別は4種ある!

自分自身で申込みができるのは、楽天カード、楽天PINKカード、楽天プレミアムカードの3種類です。

自分自身で申し込むことはできず、インビテーションによりステータスアップできるのが楽天ブラックカードです。

楽天カードアメックスは、この合計4種類となります。

年会費は基本的には無料!

楽天カードと楽天PINKカードは、年会費が無料となります。

ですが、楽天プレミアムカードは年会費が10,000円(税別)で、楽天ブラックカードは30,000円(税別)です。

後者2つのカードはステータスが高いクレジットカードになるため、一定の年会費はあって当然といえるでしょう。

ポイント還元率は基本1.00%だけどカード種別によって異なる

楽天カード、楽天PINKカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、いずれもクレジットカードで支払えば、100円で1ポイントをもらうことができます。

ただし、以下のように種別によって細かく異なる部分もあります。

【楽天カード】

    • 楽天市場でいつでも最大3倍

【楽天PINKカード】

    • 楽天市場でいつでも最大3倍

【楽天プレミアムカード】

    • 楽天市場でいつでも最大5倍
    • 誕生月は楽天市場と楽天ブックスで+1%

【楽天ブラックカード】

    • 楽天市場でいつでも最大5倍
    • 特別指定キャンペーンポイント+1%
    • 毎月特定日プレミアムカードデーポイント+1%
    • 誕生月ポイント+1%

やはり楽天ブラックカードは、いろいろと優遇されていることが分かりますね。

ちなみに「楽天市場でいつでも最大○倍」は、楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)開催中の場合のお話となります。

審査については「楽天カード」ならではの早さ

アメックスだからといって、VISAやMasterCard、JCBよりも審査が遅くなるわけではありません。

約1週間程度で審査が完了します。

審査も、他クレジットカードと比較すると、穏やかといえるでしょう。

さすがは楽天カードの審査です。

その他の基本的な情報は他クレジットカードと同様

以下は、その他の基本的な情報となります。

楽天カードのスペックがどれであろうと内容は同じです。

  • 締め日 / 引き落とし日・・・月末 / 翌月27日
  • 限度額・・・10万円~100万円
  • 支払い方法・・・1回、2回、分割、リボ払い、ボーナス払い(海外で使用した場合は1回払いのみ可能)
  •  キャッシング・・・金利18.000%

楽天カードアメックスの付帯サービスについて

続いては、楽天カードアメックスに付帯するサービスについて、簡単に説明をしていきます。

楽天カードのスペックが高くなるにつれ、当然、サービスの内容はよくなります。

空港ラウンジはスペックによって大きく変わってくる

楽天カードのラウンジ特典は、かなり優れていますよ。

また、楽天カード中でも、上位グレードに行けば行くほど、さらに素晴らしいサービスを利用することができます。

具体的には、楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードでは「国内空港ラウンジが無料で利用可能」「世界900箇所以上ある空港ラウンジのプライオリティ・パスに無料登録可能」の2つが、さらに追加されます。

保険も楽天ブラックカードが一番優遇される

楽天カードの旅行保険については国内旅行と国外旅行で扱いが異なります。

楽天カードと楽天PINKカードは、国内旅行保険はついていません。

ついているのは海外旅行保険のみで、補償額は最高で2,000万円です。

楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードは、海外旅行保険と国内旅行保険、そして動産総合保険も付帯します。

保証される額は、海外旅行保険は最高1億円(楽天プレミアムカードは最高5,000万円)で、国内旅行保険は最高5,000万円となります。

動産総合保険に関しては、両カードとも最高500万円になります。

追加できる機能もスペックによって内容が異なる

追加できる機能は、楽天カードのETCカード、家族カード、電子マネーEdyが挙げられます。

ETCカードは楽天カードと楽天PINKカードが年会費500円(税別)が請求されます。

ただし、楽天カードのランクが「ダイヤモンドランク」「プラチナランク」のいずれかであれば無料となるため、目指してみるとよいでしょう。

楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードは、年会費が無条件で無料となります。

家族カードだけはスゴく不思議な状態になっているため注意が必要です。

というのも、楽天プレミアムカードだけ年会費500円(税別)が請求されるからです。

楽天カード、楽天PINKカード、そして楽天ブラックカードが無料となっているため・・・楽天プレミアムカードも無料でよいと思うのは、わたしだけでしょうか・・・

楽天カードとヒモづけたスマホ決済も、追加できる機能と言ってもいいかもしれませんね。

ちなみにスマホ決済については、楽天カードアメックスでは「アップルペイ」が利用できません。

ご注意!

その他の優遇されるサービス一覧

上記以外で触れることができなかった、カードごとに優遇されるサービスを以下にまとめておきます。

まとめてみると・・・意外と楽天PINKカードは手厚いサービスになっているのだなと理解することができますね。

女性は楽天カードを発行するのであれば、迷わず楽天PINKカードを選択した方がよいのかもしれません。

【楽天カード】

    • 特になし

【楽天PINKカード】

    • カスタマイズサービスの利用が可能
    • 楽天グループ優待サービスの利用が可能
    • ライフスタイル応援サービスの利用が可能
    • 女性のための保険の利用が可能

【楽天プレミアムカード】

    • 特になし

【楽天ブラックカード】

    • 楽天ブラックカード会員専用デスクが利用可能
    • 楽天ブラックカード会員専用コンシェルジュサービスが利用可能

持つべき楽天カードのスペックについて

最終的には、男性であれば「楽天カードアメックス」、女性であれば「楽天PINKカードアメックス」の選択をオススメします。

スペックの高い、楽天プレミアムカードや楽天ブラックカードは、確かに素晴らしいカードではあります。

ですが、やはり無難にスタンダードなスペックのクレジットカードを、まずは使っていった方がいいです。

そこで物足りないを感じたのであれば、楽天プレミアムカードを狙っていくといいと思います。

楽天カードの新規発行キャンペーンが実施中!

楽天カードを新規発行をすると、楽天ポイントがもらえるキャンペーンが開催中です。

しかも、もらえるポイント数には驚いてしまうほどのものです。

一応、常時開催ということで期限は設けられていませんが、いきなり中止になる可能性もあるため、早めに発行をしておいた方がお得です!

これを機会に、ぜひご検討してみてください。

 

 

 

楽天カードのメリットが凄まじすぎて衝撃を受けてるんだが・・・