しばおです。

何億もの資産を作れる人って、デキる人だよねーなんて思ってる人もいるみたいです。

でも、ご安心ください。

わたしと会った人がみなさんおっしゃるとおり、わたしははっきり言ってダメな人です(おい、みなさん失礼だぞっw)

幼少期~学生時代

生まれは全国でも有数のビンボー県にある、片田舎町。

新興住宅地の裏山と近所の公園が「世界のすべて」な、忘れ物王のかなり抜けた子供でした。

公園で遊びながら裏山を見つめ、「あの山の向こうには何があるのかなー」と想像しては、ぽーっとしていたのを思い出します。

最近そのことをふと思い出して、「あの山」の向こうには何があったんだろうとGoogleマップで確認してみたら・・・

なんと隣の住宅地がありました。

住宅地が小さな山をぐるっと取り囲んでただけでしたねw

そんな抜けた子もすくすく育ち、部活と女の子が気にかかるも大した成果が上がらない、どこにでもいるフツーの中高生になりました。

まいにちまいにち、部活、部活、部活、たまに片想い。

引退後は玉砕でさっくり失恋。

ここで生まれ変わったわたしは(何に?)、大きな志(チャラい妄想)を胸いっぱいにかかえ、テレビと雑誌でしか見られなかった花の都大東京へ上京してきました。

父が営む事業の倒産と借金

当時の大学はほぼレジャーランドで、いまどきの学生さんみたいにしっかり勉強したり、インターンシップで働いたり、高い意識で社会活動をしたりする人はごく少数派でした(わたしのまわりだけ?)。

もちろんわたしも当然のように流されて、遊びとバイトに明け暮れる日々。

一年や二年は、あっという間に終わってしまいます。

このままフラフラと学生生活を続けて、そのまま就職していくのかなあとぼんやり過ごしていた矢先、実家の父から電話が・・・

「悪いけど、店がつぶれた。これから先は厳しくなるけど、何とか頑張ってほしい・・・」

ちーん。

高校時代から実家の商売の状況が思わしくないのは薄々感じてはいました。

でも、実際にそれが現実になってしまうと、やっぱり焦るものです。

ともあれ、とりあえず生活費と学費を工面しないと大学も卒業できません。

翌日から早速、奨学金の獲得に奔走。。

なんとか、日本育英会(いまの日本学生支援機構)と大学の奨学金の二本、400万円を得ることができることになりました。

ただ、もちろん奨学金はありがたいことではあったんですが、それらは有利子の貸与奨学金。

つまり、借金ですね。

ろくに授業に出ていなかったわたしは、当然のごとく、返還不要の奨学金や無利子の奨学金などを受けることはできなかったわけです。

そのおかけで、卒業後15年間、奨学金の返済の負担が重くのしかかることになりました。

まだ学生のみなさんは、ちゃんと勉強しておいたほうがいいですよーw

無謀で危険なモラトリアム

そんなこんなで迎えた大学4年次。

借金を抱えた身としては、すぐにでも給料のいい会社に入れるよう就職活動をし、フトコロ状態の立て直しに取りかかるのが、きちんとした大人のふるまいですね、ハイ。

ところが・・・

きちんとした大人でなかったわたしは、こともあろうに、

「よし、資格を取って高収入を得よう」

とバカなことを考えます。

ところが、それがバカなことだということにすら気づかないわたしは、資格試験のための”お勉強生活”に、就職せずに飛び込んでしまいました。

「絶対いける。」

この根拠のない、すがすがしいまでの若気の至り。

はい、フリーターのいっちょ上がりですね。

そこからは、

1年目は、勉強、勉強、アルバイト、勉強、勉強の生活

2年目は、勉強、アルバイト、勉強、アルバイト、勉強の生活

3年目は、勉強、アルバイト、アルバイト、勉強、アルバイトの生活

4年目は、勉強、アルバイト、アルバイト、アルバイト、アルバイトの生活

5年目は、勉バイト、アルバイト、アルバイト、アルバイト、アルバイトの生活

・・・まあ、受かるわけないですよね。

さすがにあきらめもつき、目先の生活費を得るために、ようやく就職することに決めました。

就職と転職

そこで転がり込んだのが、当時普及しはじめたリクナビNEXTでなんだか輝いているようにみえた、ちっちゃなドブラック会社。

イケイケウルトラワンマン社長(ウルトラマン社長ではない)のもと、まだその頃はフツーだったハイパー長時間労働でヘトヘトになりながら、商売のイロハを学んでいきます。

そうすると面白いもので、あれ、これって自分でもできる?ていうか、その方がもうかる?という気持ちがむくむく芽ばえ始めます。

そして・・・

「絶対いける。」(アホ)

と信じたわたしは会社をやめ、自分で事業を始めようとします。

起業(1回目)

そこで、何を始めたかというと・・・

それまでの経験とはまったく無関係の、有機野菜の販売。(なんでやねん)

なぜ、その当時に自分の頭の中でまったく疑問が起きなかったのか、いま考えると不思議でならないです。

が、それまで携わっていた仕事が自分でもやれるじゃん!って考えたうえで退職し、それとは無関係な有機野菜だけを専門に仕入れてオンボロの軽バンで売り始めていました。

我ながら、まったく意味が分かりませんw

もちろん、そんな商売がうまくいくはずもなく、ろくすっぽ売れないまま資金が尽きた4か月後に、早々に店じまいしました。

いまとなっては、この撤退の判断だけは褒めてあげることにしています。マジでw

ちなみにこの頃、わたしはすでに結婚してたんですが、冷静に考えて無一文で無収入の夫ってヤバいですよね。

わたしが妻の親なら本気でイヤですw

おそらく「困ったやつだな」と思いながらも黙ってみていてくれた妻と妻の両親には感謝しかありません。はい。

再就職

貯金のすべてを有機野菜に替えて、その多くを販売しきれずに腐らせてしまった(文字どおりお金が溶けたw)わたしは、またも目先の生活のためのお金を得るために、再就職します。

とりあえずは勝手知ったる業界でってことで、前の会社の同業他社に転職。

なんとか食いつなぐことに成功します。

しかーし!

入ったのは社員5人、設立2年目のベンチャー企業。

もちろんのこと、給料は安く、労働時間は長く、福利厚生なんて何もありません。

何とか食いつないでホッとしたわたしの脳裏に、またもむくむくと・・・

「絶対いける。」(バカ)

起業(2回目)と転業

そういうわけで、せっかく就職できた会社を数年でやめてしまった私は、またも起業をすることになります。

勝手知ったる業界で再チャレンジ

この前は、知らないことに手を出したからうまくいかなかったんだ。

そうだ、ちゃんとわかってる業界でやろう。

と、多少は真っ当なことを考えて、それまで携わっていた業界で事業をスタートします。

もちろん、最初は一人で始めるわけですからなかなか軌道には乗りませんでした。

でも、必死で集客を工夫し、営業にいそしんでいるうちに、少しずつ事業も生活も上向いてきました。

ニッチマーケットに大手がドカドカと・・・

そんなこんなで曲がりなりにも順調にやっていましたが、事業を始めて5年ほど経ったころから、ターゲットにしていたニッチマーケットに、巨大な大手企業がどんどん参入してきました。

それまでは小さな会社が乱立している状況で、その中できちんと「ウリ」を作っていけば何とかなったんですが、大手の圧倒的な資金力の前には集客のための資金も営業量もまったくかなわず・・・

徐々に利幅が少なくなっていき、このままではまずい?!というところまで業績が悪化していきました。

転業

そのときに出会ったのが、ネットビジネス。

カンタンに言うと、自社のウェブサイトに広告主の広告を貼って、そこから広告主のウェブサイトにお客様を送る。

そして、そのお客様が広告主のウェブサイトから商品を買ってくれたら手数料を後払いで頂く。

そういう広告ビジネスの一種です。

アフィリエイトビジネスとも言いますね。

その頃はまだ個人の方が自分のブログなんかで行っているイメージがありましたが、徐々に大きな会社もこのビジネスに力を入れ始めた時期でした。

有名な会社だと、カカクコムとか、エイチームなんかがそうですね。

その流れに乗り、ウチでもいっちょやってみるか!ということで、自社のウェブサイトを使い、「良い」と思ったいろんなモノをどんどん紹介していきました。

幸いなことにこれが割とうまくいき、事業は再び、つかの間の安定軌道に乗っていきました。

有価証券とのつきあい

それから、忘れてはならないのが、有価証券とのおつきあい。

賢い方は、はじめからしっかり堅実に長期投資で積み立てていったりするんだと思います。

でも、気が短いわたしは、うまくやれば毎年2倍にできるんじゃね?と、都合のいい妄想をはじめます。

だって計算してみると、月に6%の利回りで複利運用すれば、1年で2倍になるんですもん。

「絶対いける。」(無謀)

とまあ、いつもの悪いクセで、あれやこれやの短期投資(やっていることはタダの投機)に次々と手を出しました。

ファンダメンタルズ×中長期チャートを使った現物株式の単純な買い/空売り、現物株のうねり取り、信用取引、日経225先物ミニ、CFDで米国株のトレーディング、FX(ユーロ/ドル)のシグナルを使った超短期取引、デイトレ、ファンダメンタル重視のFXの中期トレーディング、投資信託、ETF・・・その他いろいろ。

それぞれについて、それなりにしっかり時間を取って勉強も実践もし、いろんなシステムも入れて、ガンガン自己資金を突っ込んでいったんですが・・・

結論!

短期でやってる限りは、ドカンと儲かったり、ドンと損したりの繰り返しで、安定して資産を増やすのは難しい!ってことでした。

もちろん、世の中にはそれで財を成している方も(たまにですが)いらっしゃいます。

ですから、みんながみんなできないとは思っていないです。

でも、9割の方は損するんじゃないですかね?

統計的にもそういうふうに出てますし(それならやるなw)。

それも、短期の投機的な取引を行うということは、自分の体を使った労働的なこともたくさん行わないといけないことを意味します。

パソコンの前に張り付いたりもしないといけないですし、情報も常にウォッチしておかなければならないですからね。

で、そうすると、何が起こるか・・・

そう、時間を失った上に、元からあったお金まで減る、という目も当てられないことになることが大半なんです(統計によればですが)。

少なくとも、私はそう確信しました。

自腹でいろいろやって、儲かったり損したり、あれやこれやと身をもって体験し、最終的に、ああ、短期の

取引は儲からないな、ということが分かったわけです。

なので、この路線からは生涯撤退し、中長期投資路線に徹することにしました。

ちなみにこの判断は、いまや、大当たりの判断だったと確信しています。

こればかりは、この判断をした自分を、褒めてあげることにしています。

ほんとですよー。

コロナでまたもや・・・

さて、そうこうしているうちにネットビジネスのほうにも暗雲がたちこめます。

ピンチ?チャンス?

2018年ごろからGoogleが検索順位を決めるアルゴリズムを、思いっきり大企業優位に傾けてきました。

結局、Googleとしては、大企業を検索ランキングの上位に持ってきた方が自社がもうかるよねー、という判断に、創業から20年を経ていたってしまったってことですね。

だって、その方が検索結果が信頼性のあるものになるし、その結果、みんながGoogleを使ってくれるようになって広告収入が爆上がりしますからね。

なので、昔のように個人や小さな会社が一生懸命に書いたおもしろい情報が、検索順位の上位にくることは、とても少なくなっています。

もちろん、わたしが営んでいたいくつかのウェブサイトも「零細企業がSEO(自社サイトを検索エンジンで検索結果の上位に表示させるための施策)を駆使してGoogleで上位表示し、集客につなげていた」状況でした。

そのため、Googleのアルゴリズムが大きく変更され始めたころから、検索順位は大きく下がり、売上も不安定に・・・

そこで、あわてて集客の入り口を自然検索からWEB広告に切り替えました。

リスティング広告や、SNS広告にドカドカとお金を注ぎ込み、集客して、そのうちのほんの数パーセントが送客した先のお客様のウェブサイト上で成約し、お客様がその成約を承認したら、そのまた1月後に入金がある・・・

これ、うまく回るときはすごく儲かるんですが、一つかけ違うととんでもない赤字が出るんです。

なぜかというと、途中にお客様の「承認」という一つの手続きが、売上の条件になっているから。

ときどきいるんです。

成約したのに突如、ぜんぜん承認しないことがある広告主が。

そして、それは、予期しない形でやってきました。

え、承認されない?!

予期せずやってきたのは、コロナでした。

コロナ禍のまだはじめのころ、リモートワークが普及し始めてネット販売はわりと好調でした。

この状況を見て、

「絶対いける。」(病気)

と考えたわたしは、いつもに増して、広告をどんどんかけて集客していきました。

順調に集客し、いつもの数倍の成約も発生。

そして・・・「あれ?承認されない?」

どうやら、広告主が何かの理由で承認しない事態になっているのです・・・

それまで85%程度の承認率で推移していた広告主が、まさかの承認率0%に。

え?すでに広告費2000万以上入れてるんですが・・・

ASPとよばれる広告代理店を通じてすったもんだしました。

でも、契約上、承認するかしないかは完全に広告主サイドの裁量になっているということで、結局完敗。

さらに追い打ちをかけるように、コロナ禍当初に起きた株の乱高下で、ちと失敗(この頃はまだ短期取引もそれなりにやっていたので・・)。

資金は回らなくなり、コロナはこの後どうなるかの見通しもまったく立たない・・・

さんざん悩んだ末、家族を守るため、とりあえず一旦事業を停止してサラリーマンに戻ることにしました。

またもや再就職へ

そこではじめた転職活動。

しかし、ここで問題が。

すでに40を回った中年が、そうそう条件のいい仕事にありつけるわけではありません。

まして、これまでに書いたように、かなり変なキャリアをたどってきているわたしは、書類選考になかなか通らないという現実に直面します。

40を回った中年なりの給与額を希望してますしねw

で、さんざん書類に落ちた後、お、これはまずいかも?!とようやくリアルな状況を認識。

そこでわたしは、転職屋のノウハウをすべてぶち込み(そう、私のかつての本業は、高年収専門の転職支援ビジネスだったのです!)、応募書類をイチから気合を入れて作成し直します。

その甲斐あって、面接もパラパラと入り始め(なら最初からやっておけw)、結局、そのうちの一社に決めることにしました。

大企業での勤務×副業

入った会社はそれなりに有名な大企業。

ですから幸いなことに、なんとかそれなりにホワイトな環境で安定した収入が入る体制には持ち込めました。

世間的にはキツい会社として知られているところですが、ワンマンミニ会社と比べたら、それはもう、めちゃくちゃきちんとしていました。

やっぱり、サラリーマンやるならできるだけ大きな会社に入った方がよいです。

まちがいないです。

ですが、ここで一つ問題が。

やっぱり、大手企業ではあっても、これまでの収入からはかなり下がってしまい、生活がカツカツになってしまったんですよねー。

特に子供たちにかかる教育費も重くなってきたし、老後の資金だって作ってないとまずいよなーってことで・・・

「そうだ!副業しよう!」

副業レベルでお金を稼ぐ程度なら、これまでにやってきたビジネスの縮小版でやればいいだけですから、お手の物です。

サラリーマンの高くはないけど安定した収入に、副業ビジネスの追加収入があればかなり楽じゃん!

ってことで、手間のかからない、ハイコスパの副業を開始します。

具体的に言えば、ポイ活から始まるネットビジネスですね。

ポイ活なんて、ほんとに稼げるの?なんて思うかもしれませんが、ポイ活は重要な、FIRE(経済的独立と早期リタイア)への入口なのです。

株式投資の再開

それからもう一つ。

事業が縮小し始めてから停止していた株式投資を再開しました。

これまでは短期~中期取引をがっつりやっていたのですが、せわしなく、それなりの大きさの労働力もかかる上にときどきドカンと損を出してしまうため、安定して資金を増やし続けることができませんでした。

その反省に立って、米株インデックスETF×中長期投資にスタンスを大転換。

そこにそれまでさんざんやってきた短期取引のトレーディングノウハウをガッツリ注入したところ、これがとてもいい!

株式はただ長い期間持っているだけでは下げ基調が続く期間が年単位ででたときに大きく時間をロスします。

でも、そこに短期取引のノウハウをうまく応用してあげると、マイナスを抱えずに大きな枚数を持ち続けることができるようになります。

そうすると、高値圏でそれなりに逃げることもできるようになります。

安値で買って、高値で売ることができるので、当然、そのファンド自体のパフォーマンスを上回る利回りを、より少ないリスクで得ることができます。

なかなかいいでしょ?

これについてはいずれ別の機会にお話ししたいと思います。

転職

大企業に就職し、副業と株式投資で、(低めだけど)安定収入×追加収入×資産運用の体制を作ることができたわたしは、もう一つ、基礎条件を上げることを考えます。

3か月で年収を100万円上げよう

そう、てっとり早く年収を100万円上げるために、低めに収まってしまった給与を転職で上げてしまおう!と考えたのです。

転職なんて雇用契約書を結べさえすれば、あっさり給与が上がりますからね。

こんなに簡単な年収アップの方法はほかにありません。

自分で商売をやればわかりますが、100万円の営業利益を作るのって、大変なんですよ、ほんと。

それが転職なら、3か月真剣に動くだけで、いとも簡単に年間100万円、それもほぼ絶対的に、毎年保証された状態で上乗せされるわけです。

さらにそこで昇進すれば、毎年の収入が上がっていくわけです。

サブスクの料金を値上げするようなものですよね。

いまさらつくづく思いますが、サラリーマンって楽でいいですよー。

時間はちょっと食いますけどねw

でも、楽なことは間違いないです。

収入が上がると

さらにもう一つ大切なことが。

給料が上がって収入が高くなれば、当然これまでより多くの「自由に使える」資金が生まれます。

その資金をすべて資産運用に回せば、「追加資金投入アリの複利運用」でお金は雪だるま式にドンドン増えていきます。

つまり、

絶対いける

状態がカンタンに作れてしまうわけですね(さすがにこれは堅いハズw)。

ターゲットはホワイトプライム企業

そこでさっそく、次の転職先ターゲットを「ホワイトで給料を100万円上げられるプライム市場上場企業」に決め、転職活動を始めます。

やっぱり大企業って福利厚生とかセーフティネットの整い方がハンパなくて、働く場所も快適に整えられてますからね。

リモートワーク環境もバッチリだったり、その他もろもろ、ラクなんですよね。

さらに、そもそもの給与水準が中小企業より2ランクは高いんです。

つまり、ラクでおトク。

あなたも大好きなアレですよ。

もちろんわたしも大好きですw

ココを狙わない手はないですね。

よけいな手間が増えないように、今度は最初から転職ノウハウをフル注入で行きましたよw

その結果、3か月ほどの転職活動を経て、無事、ホワイトなグローバル企業に入ることができました。

つまりこの段階で、「出世することなく」「たったの3か月で給料を100万円上げられ」「投資して複利で増やすための資金を大幅に増やす」基盤を作る、という目的を達することができたということです。

なかなか良いでしょ?

不動産投資への拡大

さらに、もうひとつ。

株式投資、特にインデックスのETF中長期投資は、手軽に、たいした手間もなく、小さなリスクで資産を拡大できる素晴らしい方法です。

ですが、一つだけ問題があります。

レバレッジをかけにくいんです。

もちろん、信用取引を使えば自己資金の3倍程度まではレバレッジをかけることができます。

でも、ETFの中長期投資のリスクが低いとはいっても、そこは株式。

1年程度のスパンで大きく下がる時期だってときどきはあります。

ですので、株式投資の領域でレバレッジをかけるのは、やっぱり避けたほうがよいと思われるのです。

しかーし!

投資はレバレッジをかけなければ大きな果実を得られないのもまた事実。

個人的に目指しているのは10億円の純資産を作ってリタイヤすることです。

ちまちま自己資金だけでやっててもなかなか到達できないのです。

(多くの方は2~3億円の純資産で、余裕でリタイヤできますのでご安心をw)

そこで、使うべきなのが「銀行さまのお金」。

そう、銀行がお金を貸したがる業界で、わりと安全度が高く、すでにノウハウが完全に確立されている、再現性が極めて高いビジネス、つまり不動産賃貸業を行うのが合理的だという結論に至ります。

そうと決まれば話は早い。

不動産に関する猛勉強をはじめ、最初の一棟を購入。

ふむふむ、なるほど、そういうことね。

そして、それを繰り返す・・・←いまココ

なわけですね。

ブラックミニ会社に就職して以来、いろいろ紆余曲折を経ましたが、いままでのややこしい経験の集大成としてこう思います。

庶民が安全にそれなりにまとまった資産(とりあえずは3億)を作るなら、

  • ホワイト大企業にもぐり込んで少ない残業でそれなりの給与をGET×副業×株式の中長期投資×不動産

これがベストだと。

でも、改めてこの公式を見直すと、とても王道的な感じがしますよね。

最初からやっとけばよかったw

最後に

なんだかダラダラととりとめもなく書いていきましたが、わたしは「デキる人」でも「エリート」でもなんでもなく、短絡的でおっちょこちょいで失敗だらけのダメ人間です。

ですが、ちゃんとした方法にしたがえば、こんな人だってきちんと大きな資産を築けるんですよってことです。

資産さえ作ってしまえば、あとはその運用益だけで生きていけるようになります。

3億円の純資産があれば、3.3%の利回りで運用するだけで年収1,000万円ですからね。

2億円でも3%の利回りで600万円です。

充分じゃないですか?

住んでる地域や生活レベルの設定次第では、1億円の3%運用で300万円でもいいかもしれません。

そのあたりは各人の自由だと思います。

いずれにせよ、自分が欲しいレベルの運用収益が得られるようになれば・・・

欲しいものがあれば素直に買えばいいし、買わなくてもいい。

贅沢なグルメや旅行をしたければすればいいし、したくなければしなくてもいい。

仕事が好きなら続ければいいし、イヤならやめればいい。

子供の教育にお金をかけたければ迷わずかければいいし、かけたくなければのんびり放任で育ててもいい。

大事なのは、その選択肢がちゃんとあるということ。

自由に選べること。

自由に生きられること。

いま思うのは、できるだけ多くの人に、お金の悩みから解放される方法を知ってもらい、自由で楽しい人生を送ってもらいたいなってことです。

正直、世の中の悩みの90%はお金で解決できる悩みです。

その90%の悩みをお金で解決しさえすれば、自分の意識と時間は、残りの10%の悩みを解決して楽しく過ごすためだけに使えます。

そうなると楽ですよね!

ていうか、わたしは実際、楽です。

楽だから、楽しい!

この素晴らしい人生を、一緒に味わいましょう。

追伸

最後にひとつだけ、大事なことを。

あなたが資産3億円、月収100万円を得るための道のりを、無料メルマガでサポートしますね

わたしが執筆する「【お金のハナシ】しばおの3億リタイア」メルマガでは、ポイントサイトを入り口に、

  • 3億円の資産と毎月100万円の不労所得を得るまでの、さまざまなノウハウ
  • あなたがお金の心配のない、自由で楽しい人生を送るための具体的な方法
  • すぐに数千円~数万円もらえる旬なポイント案件
  • 国や地方公共団体から数十~数百万円もらえる補助金や助成金情報

などを、あますところなくお話ししています。

自由でラクで楽しい人生を謳歌したいあなたを、さんざん苦労してそこまでの道のりを開いてきたわたしが、メルマガでしっかりサポートしますね。

わたしから世間様へのほんの感謝の気持ちです。

読むだけで、簡単に実践できる

メールを読むだけで、ステップバイステップで、カンタンにそこまで到達できるから、多少の時間はかかりますが、苦労はほとんどないと思いますよ。

なにもわたしと同じ苦労をあなたまでがすることはありません。

それでは、経済的独立と自由で楽しい人生に向かって歩き始めたあなたと、メルマガでお会いできることを楽しみにしています。

もちろん無料ですので、お気軽に登録してくださいね!

100名限定配布!無料レポートプレゼント

いまメルマガ登録して3億リタイアへの確実な一歩を踏み出すあなたに、わたしがこれまでGETしてきたお宝ポイントリストを無料でプレゼントします。

カンタンに毎日5,000~50,000円分程度のポイントを得られるので、あなたが3億円の資産を築いて気持ちよくリタイアできる状況を作るための、「タネ銭」を素早く作ることができますよ。

あまり配布数が増えすぎないように、100名の方がダウンロードしたらプレゼント内容を差しかえようと思っていますので、このページにたどり着いた運のいいあなたは、今すぐその運を、このレポートで「現金化」してくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

\マネだけで毎日5,000~50,000円分GET/

100名限定 無料レポートを請求する