JCBCARDW

 

JCB CARD Wは、39歳以下の若い方のために開発された、メチャおトクなクレジットカードです。

同じプロパーカードであるJCB一般カードと比べても、かなりたくさんのメリットがあります。

最大の特徴は、カードを作るのに年齢制限があること。

実は、このJCB CARD W、先ほどもチラリといいましたように、39歳以下の人しか作ることができません

わたしも30代だったら、迷わず作っていたと思います(残念ながら40オーバーです・・・とほほ)

ここでは、JCB CARD Wの特徴やメリット、他のJCBカードと何が違うのか?をまとめてみますね。

JCB CARD Wは20~30代の若い世代が持つべき!!年会費が無料のハイスペックカード

JCBのプロパーカードはいくつも種類がありますが、その中でもハイスペックなカードとして知られているのが、JCB CARD Wです。

実はここだけの話、国際ブランドが直接発行するクレジットカードは、還元率があまりよくありません。

しかし、JCB CARD Wは、どこで利用しても、1.0%の高い還元率となっており、優待や補償内容も充実しています。

ここでは、基本的な特徴を、まとめますね。

39歳以下でなければ申込みができない

JCB CARD Wのお話をする上で、はじめに伝えておかなければいけないのが、入会条件が18歳以上39歳以下であるということ。

40歳以上の方は、JCB CARD Wを新しく作ることができません

私も40オーバーなので、いくら作りたくても作ることはできないんです・・・。

年齢操作はできないので、あきらめていますが、この条件に当てはまる39歳以下の人は、迷わず入っておくべきですよ。

ちなみに、入会時の条件が39歳以下であって、40歳を超えてもそのままカードは保有できます

40歳を超えたら、カードが無効になるということはありませんので、ご安心を!

学生でも持つことができる

申込条件は、18歳以上39歳以下の方です。

大学生や専門学生でも、作ることができるクレジットカードなので、若者から高い支持を得ていますよ。

ただ、学生の場合は利用限度額が10万円に設定されているので、ご注意ください。

また、未成年の場合は親の同意が必須です。

わたしの甥っ子は大学生ですが、わたしの勧めでJCB CARD Wを持っていますよ。

初めてのクレジットカードとして、学生など若い世代に、人気を集めているようです。

家族カードは、年齢制限なし

JCB CARD Wの会員になるためには、39歳以下でなければ入会できません。

しかし、家族カードに関しては、40歳以上でも作ることができます。

学生さんが本会員で入会し、その親御さんが家族カードを作るというケースも、多いようです。

大きな買い物をするときに、JCB CARD Wを利用すれば、家族で上手にポイントを貯めることができますよ。

年会費がずっと無料で、維持コストがゼロ

年会費がかかるクレジットカードって、ちょっと損した気分になりませんか?

もちろん、特典や保険などの補償内容が充実していれば、年会費以上の恩恵を受けられるのですが、やっぱり無料という言葉は、どんな言葉よりも魅力的ですよね。

JCB CARD Wは、年会費が無料

初年度だけではなく、次年度以降もずっと、年会費がかからないんです。

永遠に年会費がかからないということは、持っていて損をすることは、まずありませんね。

また、カードを解約するときにも、手数料などは一切かかりません。

同じプロパーカードである「JCB一般カード」の年会費は、1250円(税別)かかります。

年間50万円以上の利用で年会費が無料になりますが、その条件をクリアしなければ、年会費がかかってしまうんです。

条件なしで、年会費無料のJCB CARD Wは、すごく魅力的ですよね。

年会費ががかからないJCB CARD Wは、作らなきゃ損しちゃうクレジットカードの代表と、言えるでしょう。

安心の盗難補償が付いている

JCBカードは、他のクレジットカードに比べて、セキュリティ対策に力を入れているんですよね。

JCB CARD Wカードにも、しっかりとしたセキュリティ対策が、ついていますよ。

それが、盗難時の補償です。

例えば、ネット通販で自分のクレジットカードが、不正利用された場合や、紛失して誰かに使われた場合でも補償してくれます。

被害状況をJCBカスタマーセンターに連絡すれば、クレジットカード保有者の自己負担はかかりません。

財布を落としてしまったり、カードを紛失してしまったりしたときでも、安心ですね。

ここは注意しておきたい!JCB CARD Wのデメリット

基本的な特徴をお話してきましたが、ここでJCB CARD Wのデメリットに関しても、少しお話しておきますね。

39歳以下でなければ申込みできない

何度も説明している通り、JCB CARD Wには、入会時の年齢制限があります。

入会条件は、18歳~39歳以下となっているので、40歳以上の方は申込みできません

40歳以上でどうしても作りたい!という人は、配偶者か、お子さんに入会してもらい、家族カードを発行してもらいましょう。

家族カードには年齢制限がないので、40歳以上でもOKですよ。

郵送で明細書を発行してもらえず、web明細のみになる

JCB CARD Wでは、紙の利用明細書の発行は、できません。

ただ、Web上から簡単に利用明細を、確認できるので、特に困らないはずです。

また、「安心お知らせメール」機能をうまく活用すれば、紙の明細書がなくても問題なし。

この安心お知らせメールに登録すると、カードの利用残高が、会員専用webサービス「MyJCB」で登録した金額を超えた場合に、Eメールでお知らせしてくれるんです。

利用状況が、すぐに分かるので安心。

カードを使いすぎてしまう・・・という人にも、おすすめしたいサービスです。

このようなサービスをうまく活用すれば、郵送で明細書を発行してもらうことができなくても、困りませんね。

JCBスターメンバーズは対象外になってしまう

JCBオリジナルシリーズの共通メリットである「JCBスターメンバーズ」に関しては、JCB CARD Wは対象外です。

JCBスターメンバーズは、年間の利用金額に応じて、次年度のポイント還元率がアップする特典のこと。

こちらが、JCBスターメンバーズ対象のカードです。

ステージ 一般カード ゴールド プラチナ
30万円以上 スターePLUS 10%アップ 10%アップ 20%アップ
50万円以上 スターβPLUS 20%アップ 20%アップ 30%アップ
100万円以上 スターaPLUS 50%アップ 50%アップ 60%アップ
300万円以上 ロイヤルaPLUS 60%アップ 70%アップ

JCB CARD Wは、JCB一般カードの2倍の還元率になっているので、JCBスターメンバーズ対象外でも、特に問題なし。

利用金額にかかわらず、高い還元率で利用できるので、かなりお得ですよ。

最短当日発行はできない

早くクレジットカードが欲しいという人は、最短当日発行してくれるカードって、すごく魅力的ですよね。

しかし、JCB CARD Wに関しては、残念ながら、最短当日発行の対象外になっています。

オンライン申込み限定のクレジットカードで、郵送での申込みは受け付けていません

ちなみに、同じプロパーカードの中でも、JCB一般カードとJCBゴールドは、最短当日発行、翌日受取が可能です。

ただ、JCB CARD Wは、当日発行はできないものの、最短3営業日での発行は可能です。

3営業日で発行してもらえるのであれば、かなり早いですよね。

1週間程度で手元に届くので、一般的なクレジットカードに比べると、発行スピードは早いといえるでしょう。

電子マネーチャージには、ポイントがつかない

JCB CARD Wから、楽天Edyやnanacoなどの、電子マネーにチャージをしても、ポイントは付与されません。

ただ、電子マネーチャージでポイントが付くクレジットカードは、ごくわずかしかないので、それほど大きなデメリットにはならないでしょう。

ポイントをしっかり貯めたいのであれば、ネットショッピング利用が、一番ですね。

JCB CARD WとnanacoやQUICPay(nanaco)との組み合わせにより29%以上の還元率をGETする方法はこちら

作らなきゃ絶対に損する!!JCB CARD Wの魅力的な特典&サービスを、徹底リサーチ!

年会費がかからず、家族カードも無料で作れてしまうJCB CARD W。

コストパフォーマンスのよいクレジットカードとして、人気を集めています。

JCB CARD Wが人気のワケは、「年会費がかからない」という理由だけではないんです。

JCB CARD Wには、たくさんの特典がついているんですよ。

ここでは、おすすめしたいJCB CARD Wの特典内容を、詳しく紹介していきますね。

いつでもポイントが2倍!!驚きの高い還元率!

JCB CARD Wのポイント2倍になることは、とてつもないメリットです。

だって、いつどこでカードを利用しても、ポイントが2倍になるんですから。

ちなみに、JCBカード共通で貯められるポイントは、「OkiDokiポイント」というもの。

カード利用額1000円につき、OkiDokiポイントが、1ポイント加算される仕組みになっています。

つまり、JCB CARD Wの場合、1000円で1ポイントしかつかないOkiDokiポイントが、2倍の2ポイントつくんです。

これってすごくないですか?

1000円しか買い物していないのに、2000円分のポイントがついてしまうなんて、少しだけお得すぎる気がしますね。

このOkiDokiポイントは、1ポイントで5円相当の価値があります。(交換する商品によって、1ポイント3~5円相当と変動)

JCB一般カードの還元率は0.5%ですが、JCB CARD Wはその2倍の還元率1.0%を、誇っています。

還元率1.0%は、かなり高い数値ですので、ポイントをしっかりと貯めたい人にとっては、JCB CARD Wは必ず持っておきたいカードといえるでしょう。

Amazon、セブンイレブン、スターバックスのユーザー必見!JCB CARD Wはポイントが貯まりやすい!!

JCB CARD Wは、いつでもどこでもポイント2倍、1.0%の高還元率のカード。

さらに、ポイントを賢く貯めたい人は、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の店舗で利用するのが、おすすめです。

このJCB ORIGINAL SERIESパートナーは、JCBが提携するお店のことで、一般のお店よりも、さらにお得にポイントが貯まります。

こちらが、主なJCB ORIGINAL SERIESパートナーと、ポイント倍率になります。

パートナー店 ポイント倍率(通常ポイント1倍を含んでいる倍率)
Amazon 3倍(MyJチェック未登録の方は2倍)
セブンイレブン 3倍
スターバックス 10倍(スターバックスカードへのオンライン入金、オートチャージした場合)
出光・昭和シェル 2倍
ビックカメラ 2倍
AOKI 5倍
ワタミグループ 3倍

この表にも書いていますが、AmazonはJCB ORIGINAL SERIESパートナーであり、ポイント倍率が最大3倍です。

例えば、Amazonで1000円のお買い物をした場合は、どうなるでしょうか?

OkiDokiポイントとして、1000円で1ポイントが付与されます。

そこに、JCB CARD Wのボーナスポイントとして、+1倍の1ポイントが付くんです。

さらに、AmazonはポイントアップのJCB ORIGINAL SERIESパートナーなので、ボーナスポイントが、+2倍の2ポイントつきます。

公式サイトなどには、ポイント倍率が3倍と書かれていますが、この3倍には、通常のポイント1倍も含まれているので、注意してくださいね。

最終的に、JCB ORIGINAL SERIESパートナーであるAmazonで買い物をすれば、1000円のお買い物で、4ポイントのOkiDokiポイントが貯まるんですよ。

Amazonは、ネットショッピングの大手であり、日頃から日用品や食品、電化製品などを購入する人も多いでしょう。

普段から、Amazonでよくお買い物をするという方であれば、ポイントがおもしろいほどよく貯まりますよ。

JCB CARD WとAmazonの素敵な関係についてはこちらから。

また、セブンイレブンもポイント3倍スターバックスもポイント10倍と高倍率になっているので、JCB CARD Wをうまく活用したいですね。

QUICPayで支払いが楽ちん

JCB CARD Wでは、GooglePayやApplePayなどのQUICPayを、利用することができます。

iPhoneやandroidなどのスマートフォンに、JCB CARD Wのカード情報を登録しておけば、スマホ1つで買い物ができるんです。

これは、本当に便利ですよ。

買い物のたびに、わざわざクレジットカードを出す必要がないんですから。

コンビニなんかで、ちょっとした買い物をする時って、財布を出すのも面倒だと感じたことはありませんか?

このQUICPayを利用すれば、スマートフォンを端末にかざすだけで、お会計が完結しちゃうんです。

財布を出して、カードを出して・・・という手間が全くないので、時短につながりますね。

朝のコンビニなど、急いでいるときにおすすめです。

QUICPayを利用した場合も、JCB CARD Wで決済した時と同じように、OkiDokiポイントはしっかり貯まります。

これはお得です。

現金やカードでの支払いが面倒だなと感じている人は、ぜひQUICPayを利用してみてくださいね。

きっと、今まで使ってこなかったことを、後悔すると思いますよ。

海外旅行で役立つ傷害保険がついている

JCB CARD Wには、海外旅行の時にあると便利な傷害保険が、ついています。

ただ、自動付帯ではなく、利用付帯になるので、旅行代金や公共交通機関の乗車料金などを、JCB CARD Wで支払わなければなりません。

補償内容は以下の通りです。

付帯条件 利用付帯
死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき上限100万円
疾病治療費用 1回の病気につき上限100万円
賠償責任 1回の事故につき上限2,000万円
携行品損害 1旅行中上限20万円、保険期間中上限100万円、免責3,000円
救援者費用 上限100万円
補償対象旅行期間 3カ月まで

他のJCBプロパーカードに比べると、補償内容が少ないですが、無料のクレジットカードでここまでの補償をしてくれるのは、うれしいですね。

海外旅行は、年に1、2回程度という人であれば、このJCB CARD Wの補償内容で十分でしょう。

ただ、1点気を付けておきたいのは、JCB CARD Wで利用付帯されるのは、海外旅行のみ。

国内旅行に関しては、傷害保険の対象外となってしまうので、ご注意ください。

JCB CARD Wについているショッピングガード保険

JCB CARD Wには、海外旅行の時に役立つショッピングガード保険が、付帯されています。

ショッピングガード保険とは、海外で購入した商品が、盗難・破損した際の損害を、補償してくれる保険のこと。

一般的に、無料のクレジットカードには付帯されていない特典なので、JCB CARD Wの補償は手厚いです。

最高で100万円まで補償される内容なので、十分でしょう。

対象は、購入日から90日以内で、自己負担額は1万円です。

一部対象外の商品もあるものの、海外旅行中にブランド品を購入して、盗難にあった場合も、このショッピングガード保険があれば安心ですね。

ETCカードが無料で作れる

JCB CARD Wには、ETCカードが無料でついてきます。

発行手数料も、年間手数料も、一切かかりません。

クレジットカードの年会費は無料でも、ETCカードの年会費は別途かかるというカードが、実は多いんです。

ETCカードも含めて、クレジットカードや家族カードも、すべて無料で発行してくれるJCB CARD Wは、お得としか言いようがありません。

ETCカードを利用すると、通常のJCB CARD Wカード利用額として請求がくるので、還元率1%のポイントも、貯まりますよ。

普段から車を利用する人であれば、ETC利用料は多くなります。

JCB CARD WのETCカードを使って、お得にポイントを貯めていきたいですね。

女性ユーザーにおすすめしたいJCB CARD W plus L

JCB CARD Wでは、2種類のカードデザインを、発行しています。

青色とピンク色があり、青色デザインは「JCB CARD W」で、ピンク色のデザインは「JCB CARD W plus L」です。

JCB CARD W plus Lには、女性にうれしい付帯サービスがついているので、簡単にまとめてみましょう。

女性向けの割引や優待サイト「LINDAリーグ」が利用できる

JCB CARD W plus Lでは、キレイを応援するためのお得な情報やサービスを発信する「LINDAリーグ」が、利用できます。

LINDAリーグは、ロクシタン、アビステ、BUYMAなど、女性に人気のあるブランドから、お得な情報が届いたり、抽選で賞品が当たったりするサイトです。

こまめにチェックしておけば、何かプレゼントが当たるかも?!

お守りLINDA

JCB CARD W plus Lでは、「お守りLINDA」と呼ばれる女性向けの保険が、用意されています。

このお守りLINDAの特徴は、以下の通りです。

  • 女性特有のガンに備えた保険(月額30円から入会可)
  • ひったくりやストーカーに備えた保険(月額100円から入会可)

ひったくり損害保険金、ストーカー行為等対策費用保険金、鍵取り換え費用保険金などが、支払われますよ。

医療保険には入っていても、それとは別に女性特有の病気や、ストーカーやひったくり被害の対策として、入会される方が多いです。

月額支払い額が安いのも、魅力的ですね。

JCB CARD W plus Lは、女性向けのサービスが充実しているので、女性専用のカードと思われる方がいるかもしれません。

しかし、そんなことはなく、男性でも申込みOK

LINDAリーグは利用料がかかりませんし、奥さんがメインで使うカードとして、持たれるのがよいかもしれませんね。

今がチャンス!キャンペーン中に申し込めば、ガツンとポイントがもらえる

クレジットカードを作るタイミングって、実はとっても難しいんですよね。

カードが欲しいと思ったときに、思いがけず作る人もいるかもしれませんが、できればキャンペーン開催中に、お得に申込みをしたいと思いませんか?

JCB CARD Wでは、たくさんの入会キャンペーンを行っており、JCB CARD Wのキャンペーン期間中に申込みをすることで、様々な特典が受けられるんです。

ここでは、JCB CARD Wのキャンペーンについて、まとめてみましょう。

新規入会でポイント最大30倍のキャンペーン実施中

JCB CARD Wでは、新規入会の方に限り、ポイントが最大30倍たまるお得なキャンペーンを行っています。

それぞれのキャンペーンを、簡単にご紹介しますね。

新規入会限定のポイント10倍キャンペーン

JCB CARD Wに入会すると、入会後3ヶ月間の利用は、ポイント10倍になるキャンペーンです。

1000円につきOkiDokiポイントが2ポイント貯まるJCB CARD Wですが、このキャンペーン対象期間は、10倍の10ポイントが貯まりますよ。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー利用でポイント10倍キャンペーン

こちらのキャンペーンは、新規入会以外の方でもOK。

キャンペーン参加登録をして、対象のJCB ORIGINAL SERIESパートナーでカード利用すると、ポイントが10倍になります。

スマリボ登録、利用でポイント10倍キャンペーン(新規入会限定)

JCB CARD Wに入会する際、スマリボ登録をすると、入会月から3ヶ月間の利用は、ポイント10倍になるキャンペーンです。

スマリボとは、国内・海外問わずショッピングのご利用分が、自動的にショッピングリボ払いになるサービスのこと。

月々の支払い金額が一定になるので、無理なく返済できるでしょう。

ただ、リボ払い選択にすると、手数料が発生するので、最終的に返済するお金が増えてしまうことは注意しておきたいですね。

この3つのキャンペーンによって、新規入会時には最大30倍のポイントが、付与されるんです。

キャンペーン期間中に、まとまったお買い物をすると、ポイントがたくさん付与されるので、積極的に利用したいですね。

最大14000円分プレゼント?!インターネット新規入会の限定キャンペーン実施中!

JCB CARD Wでは、インターネット新規入会の方に、最大14000円分プレゼントするお得なキャンペーンを2020年3月末まで実施しています。

詳しいキャンペーン内容は、こちらです。

家族カードに新規入会すると最大2000円分のJCBギフトカードがもらえる

キャンペーン期間中に、JCB CARD Wの家族カードに入会し、キャンペーンの参加登録をした方に、おひとり様1000円分のJCBギフトカードがプレゼントされます。(最大2名様まで対象)

新規で入会後、お友達を紹介すると最大6000円分のJCBギフトカードがもらえる

JCB CARD Wに入会後、お友達を紹介し、その方が指定のURLより入会した場合、JCBギフトカード最大6000円分プレゼントされます。

紹介された方1名入会につき、1000円分のJCBギフトカードがプレゼントされ、最大6名までプレゼント対象になりますよ。

スマリボ登録&利用で最大5000円のキャッシュバック

JCB CARD Wカードに新規で入会するときに、スマリボを同時に登録された方には、1000円分のキャッシュバックが行われます。

このキャンペーンは、特に参加登録の必要はありません。

さらに、スマリボ登録中のJCB CARD Wで、合計6万円以上(税別)のお買い物をした場合4000円のキャッシュバックが行われます。

スマリボ登録をして、6万円以上の買い物をすれば、それだけで最大6000円もキャッシュバックされるということ。

JCBって本当に太っ腹ですよね。

入会時にキャッシング枠の設定&入会後のショッピングで1000円キャッシュバック

JCB CARD Wに新規入会するときに、キャッシングサービスご利用希望枠を、0円以外に設定します。

さらに、キャンペーン期間中に、10万円以上の利用をすれば1000円キャッシュバックされますよ。

このように、JCB CARD Wでは、お得なキャンペーンをたくさん実施中。

最大14000円分のプレゼントや、ポイント最大30倍キャンペーンを行っている今こそが、入会するタイミングです。

ぜひ、このお得なチャンスを逃さないでくださいね。