JCBCARDW

 

JCBゴールドは、ゴールドカードを初めて持つ人に、ぜひおすすめしたいクレジットカード。

ゴールドカードって、持っているだけでステータスを感じませんか?

ゴールドカードに憧れを抱いている人って、多いはず。

私もゴールドカードへの思い入れは、強いかもしれません(笑)

幼い頃、父がゴールドカードで支払いしているのを見て、自分も「大人になったらゴールドカードを持ってやる!!」と、決意したことを今でも覚えています。

「ゴールドカード=収入がよくなければ持てない」というイメージが、すごく強かったんですよね。

だからこそ、ゴールドカードが持てるように、頑張らなければいけないという気持ちになったんだと思います。

最近のゴールドカードは、以前と違い、誰でも簡単に作れるようになってきています。

その中でも、JCBゴールドは、20代を中心とした若い世代でも持ちやすい、手軽なゴールドカードです。

ゴールドカードをまだ持ったことがないという人は、ファーストゴールドカードとして、JCBゴールドをおすすめします。

ここでは、JCBゴールドの基本情報や、お得な旅行保険や空港ラウンジでのサービス、優待の特典などを分かりやすくまとめてみましょう。

JCBゴールドはゴールドカードを初めて持つ人におすすめ!!

クレジットカードを作るとき、特典や便利なサービスがついているかどうか?って気になりますよね。

還元率の高さよりも、お得な特典やサービスが付いているクレジットカードのほうが節約につながることも多いんですよ。

特に、ゴールドカードは一般のカードに比べると旅行保険やショッピング保険などの補償に関するサービスが手厚く、万が一に備えることができるんです。

ゴールドカードは一般的に年会費がかかります。一方、一般カードは年会費が無料なところが多く、お得に感じてしまうかもしれません。

ただ、実際には、多少の年会費を払ったとしても、それ以上のサービスや補償が受けられるカードが多いので、損をすることはありません。

JCBゴールドもJCB一般カードに比べて、サービスが充実しており、ゴールドカードを初めて持つ人にぴったりです。

では、JCBゴールドはどんなカードなのでしょうか?

ここではJCBゴールドの基本情報を、まとめていきます。

JCBゴールドとは?

JCBゴールドは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行する、人気のクレジットカード。

ゴールドランクのプロパーカードとしての、位置づけになります。

JCBのプロパーカードは「ORIGINAL SERIES」と呼ばれていて、クレジットカードとしての機能はもちろんですが、ステータス性もあるんです。

一般カードに比べて、きめ細かいサービスがついていて、カードを持っているだけでお得な特典が、たくさんついてくるんですよ。

また、デザインも選べるんです。

JCBはディズニーと提携しているので、JCBゴールドでもミッキーマウスやシンデレラ城がデザインされたディズニーカードも、用意されています。

ディズニー好きにはうれしいですね。

JCBゴールドの気になる年会費は?

ゴールドカードを持ってみたいけれど、年会費が高そう・・・と思っている方は、多いはず。

では、JCBゴールドの年会費って、いくらなんでしょうか?

JCBゴールドの年会費は、10000円(税別)です。

10000円ってちょっと高くない?と思うかもしれませんが、他のゴールドカードの年会費をみても、相場はだいたい10000円前後なんですよ。

最近では、年会費無料のクレジットカードもたくさんありますが、ゴールドカードクラスになると年会費がかかることが多いです。

しかし、年会費を支払った分以上の、お得な特典やサービスが利用できるので、損することは、まずありません。

また、ラッキーなことに、JCBゴールドではオンライン申込みをすれば、初年度の年会費は無料になるんです。

10000円の年会費が無料になるのは、かなりお得ですよね。

申込みは絶対に、インターネット入会にしましょう。

ゴールドカードなのに最短で翌日に届く!!

クレジットカードって、申込みをしてから手元に届くまで、時間がかかるイメージはありませんか?

JCBゴールドは、ゴールドカードの中でも最速といわれるほど、発行までの流れがスピーディーなんです。

一般的に、ゴールドカードの審査は、最低でも1~2週間はかかります。

そのため、実際に手元に届くまでには、1ヶ月ほどはかかってしまうんですよね。

一方、JCBゴールドは平日11時までの申込み、オンライン口座の設定で、最短当日発行・翌日お届けだそうですよ。

これは、本当にありがたい!!

すぐにゴールドカードを作りたいという方は、JCBゴールドをチョイスするべきでしょう。

家族カード&ETCカードは無料で作れる!!

家族カードに関しては、1枚目のみ年会費が、無料になっています。これはかなりお得ですね。

家族でポイントを貯めて、合算することもできちゃいます。

家族カードでも、本会員と同じように優待、保険などの付帯サービスがついているので、ぜひとも家族カードは作っておきたいところ。

ただ、2枚目以降の家族カードは、1枚あたり1000円(税別)かかりますので、注意したいですね。

また、JCBゴールドでは、ETCカードも無料で作れます。ETCカードを利用する人は、ぜひ発行してもらいましょう。(JCBゴールド1枚につき、1枚を発行)

法人用のビジネスカードもあるJCBゴールド

JCBゴールドでは、ビジネスカードも用意しています。

ビジネスカードとは、企業の役員や会社の経営者にとって、便利な法人用のカードのこと。

ビジネスカードでは

  • web明細
  • チケットレス国内出張
  • JCBタクシーチケット
  • アスクルサービス
  • 経理・会計サポート

などの機能がついています。

このビジネスカードを持っていれば、経理精算がとっても楽になり、確定申告の手間が省けますよ。

JCBゴールドの気になる審査基準は?審査は厳しいの?!

ゴールドカードと聞くと、審査が厳しくて、通らないのでは?と不安になってしまう人もいるでしょう。

JCBゴールドはプロパーカードになるので、他の提携カードに比べると、審査はやや厳しめです。

さらに、ゴールドカードになるので、一般カードに比べると、審査のハードルは上がるでしょう。

審査資格は、「20歳以上で、本人に安定・継続した収入のある方」です。

つまり、学生や専業主婦では、JCBゴールドの申込みはできません

会社員や公務員であれば、安定・継続した収入が見込めるので、審査が有利になるでしょう。

年収としては、300~500万円が目安となり、500万円以上の年収があれば安心です。

JCBゴールドで、審査基準をクリアするためには、

  • 他社のカードやローンで事故を起こさないこと
  • JCB一般カードで利用実績を積むこと

が重要になります。

JCBゴールドを使い続けると、JCBゴールドザ・プレミアを取得できる

お得な特典やサービスが充実しているJCBゴールドですが、利用すればするほどもっといいことがあります。

JCBゴールドを利用し続けると「JCBゴールドザ・プレミア」取得の権利を獲得できるんです。

JCBゴールドザ・プレミア取得の権利を得る条件は、JCBゴールドのショッピング利用額が、2年連続で年間100万円(税込)を超えること。

この条件をクリアすると、ワンランク上のクレジットカード「JCBゴールドザ・プレミア」のインビテーション(招待状)が届きます。

このJCBゴールドザ・プレミアは、ゴールドカードの中でも、ずば抜けてコストパフォーマンスがよい1枚。

JCBゴールドのすべての機能を備えていて、なおかつ独自の特典が、プラスされているんです。

JCBゴールドザ・プレミアは、一般の申込みを行っていません。

JCBゴールドザ・プレミアは、カード会社からのインビテーション(招待状)をもらった人しか入手できない、特別なカードです。

JCBゴールドを持ったら、ぜひJCBゴールドザ・プレミアの取得を目指すべきですよ!!

年間100万円の買い物と聞くと、そんなに買い物しないな・・・と思うかもしれません。

しかし月で計算してみてください。月々でたったの約83300円です。

日々の買い物や、公共料金や携帯電話料金などの支払いを、すべてJCBゴールドに統一してしまえば、簡単にクリアできるはずですよ。

(関連記事)

JCBゴールドは、海外・国内旅行で使えるサービスが驚くほど手厚い!!

JCBカードは、一般カードでも海外・国内旅行の傷害保険サービスが、ついています。

さらに、JCBゴールドになると、その保険内容が充実して、手厚いサービスを受けることができますよ。

ここでは、JCBゴールドの傷害保険やその他のサービスを、まとめてみましょう。

JCBゴールドなら海外旅行の傷害保険が最高で1億円

JCBゴールドでは、海外旅行中のケガや病気に対して、最高で1億円が補償される傷害保険が、自動付帯しています。

自動付帯とは、カードを利用しなくても自動的についてくる保険のこと。

かなり手厚い保険内容ですね。

ただ、保障が最高で1億円になるのは旅行費用をJCBゴールドで支払ったときだけで(これを利用付帯といいます)、旅行代金を支払わなくても付いてくる(自動付帯といいます)保険は最高で5000万円です。

詳しい補償内容はこちらです。

死亡、後遺傷害 最高1億円
傷害による治療費用 1回の事故につき300万円
疾病による治療費用 1回の病気につき300万円
賠償責任 1回の事故につき1億円程度
携行品の損害 1旅行中、50万円限度、保険期間中100万円限度
救援者の費用 400万円

(上記はすべて、本会員・家族会員)

傷害や疾病による治療費用が300万円まで出るので、かなりしっかりした内容と言えます。

家族カードを持っている方でも、本会員と同じ補償内容を受けられるんです。

さらに、家族カードを持っていない家族でも、特約によって補償を受けられるので、本当にありがたいですよ。

家族特約でも、死亡・後遺傷害に対して、最高で1000万円の補償が受けられるってすごいですよね。

海外旅行によく行かれる方であれば、ご存じだと思いますが、旅行する度に保険に入るのって、本当に面倒。

JCBゴールドを持っていれば、わざわざ保険に加入する必要がなくなるので、かなり便利ですよ。

国内旅行の傷害保険も、JCBゴールドで最高5000万円!

JCBゴールドの傷害保険サービスは、海外旅行だけではないんです。

なんと、国内旅行の傷害保険も、自動付帯するんですよ。

国内旅行の傷害保険では、死亡・後遺障害に関しては最高で5000万円になります。

こちらも、かなり手厚い補償内容になっていますね。

入院の場合は1日5000円(事故日から180日を限度とする)、通院の場合は2000円(事故日から180日以内90日限度)の補償が、受けられます。

旅行先で万が一、事故にあった場合でも、JCBゴールドの国内旅行の傷害保険があれば安心ですね。

一般的なゴールドカードでは、そのカードで旅行代金などを支払わなければ、保険が適用されない「利用付帯」が多いんです。

一方、JCBゴールドでは、カードの支払いをしていなくても補償が受けられる「自動付帯」なので、保険請求の際のトラブルも少ないんですよ。

航空機の遅延保険もついたゴールドカードは珍しい

JCBゴールドが、旅行関連のサービスに強いといわれる理由は「航空機の遅延保険」がついているからなんです。

飛行機の遅延って、意外とよくあります。

遅延が原因で、家に帰れなくなり、ホテルにもう1泊しなければいけなくなった・・・などの経験がある人はいませんか?

実は、私も航空機の遅延が原因で、空港近くのホテルに泊まった経験が、3回ほどあります。

航空機の遅延による保険がついていない場合、宿泊費や飲食代などは、すべて自己負担になってしまいます。

この負担が意外とつらいんです・・・

そんなときに、航空機の遅延による保険がついていれば、宿泊費などを気にしなくてすみますね。

JCBゴールドでは、搭乗する航空機が遅延した場合に、最高2万円まで補償されます。

また、航空会社に預けた荷物が遅延・紛失してしまった場合にも、最高4万円まで補償されるんです。

預けた荷物が届かないと、代わりのものを購入しなければならないので、この補償はとてもうれしいです。

また、航空機の遅延保険は、海外旅行だけではなく、国内旅行でも対応!!

一般的には、国内・海外の航空機による遅延保険は、プラチナカードに自動付帯されていることが多い補償内容になります。

ゴールドカードで自動ついているJCBゴールドは、非常に手厚い補償内容といえるでしょう。

ショッピング保険もついているので、万が一の時に安心!

JCBゴールドは、JCBゴールドを利用して購入した「品物」に対する補償も、受けられます。

これはショッピングガード保険と呼ばれるもので、購入日から90日以内に、突発的な事故によって破損、紛失した場合の補償です。

海外、国内ともに500万円程度まで補償され、自己負担額は1回の事故につき3000円となっています。

最高500万円という補償内容は、他社のゴールドカードと比べても、トップクラスの補償になっているんですよ。

JCBゴールドのショッピングガード保険は、プラチナカード並の補償内容となっています。

例えば、JCBゴールドで購入した製品が、不慮の事故で故障した場合、ショッピングガード保険を申請できるんです。

そうすれば、自己負担金3000円を支払えば、修理代金やその製品の購入代金を、JCBが500万円までは負担してくれます。

ただ、すべての商品に対応するわけではなく、一部補償対象外の商品もあるのでご注意くださいね。

JCBゴールドには空港ラウンジ利用など、旅行中に使える特典がたっぷり

海外旅行・国内旅行の傷害保険、航空機の遅延保険、ショッピングガード保険など、JCBゴールドにはたくさんの旅行に関する手厚いサービスが、充実しています。

しかし、それだけではないんです。

JCBゴールドには、まだまだ旅行関連の付帯特典があります。

こちらで早速まとめてみましょう。

国内で主要な空港ラウンジを無料で利用できる

JCBゴールドを持っていれば、空港ラウンジサービスが受けられます。

空港ラウンジサービスといえば、ゴールドカードの優待サービスの代名詞ともいえますよね。

日本国内の主要空港には、JCBの空港ラウンジが設置されています。

その空港ラウンジを無料で利用できますよ。

対象となる空港ラウンジは以下の通りです。

北海道エリア 新千歳空港 スーパーラウンジ、ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
東北エリア 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東エリア 成田国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE1、IASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 エアポートラウンジ(中央、北、南)、POWER LOUNGE SOUTH、NORTH、SKY LOUNGE、SKY LOUNGE ANNEX
東海エリア 中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
北陸エリア 新潟空港 スカイラウンジ白山
富山空港 ラウンジらいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
関西エリア 大阪国際空港(伊丹空港) ビジネスラウンジ(ラウンジオーサカ)
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲、アネックス六甲、金剛、比叡、KIXエアポートラウンジ
神戸空港 ラウンジ神戸
中国エリア 岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ DAISEN
山口宇部空港 ラウンジ きらら
四国エリア 徳島空港 アポートラウンジ ヴォルティス
高松空港 ラウンジ 讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ、スカイラウンジ
九州・沖縄エリア 新北九州空港 ラウンジ ひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジ TIME、ラウンジTIME インターナショナル
大分空港 ラウンジ くにさき
長崎空港 ラウンジ ビジネスラウンジ アザレア
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ 華~hana~

 

手荷物無料宅配

JCBトラベルデスクで、1組5万円以上の対象となる海外パッケージツアーに申込むという条件付きですが、空港から自宅までスーツケースなどの荷物を、送ってくれます

ハーツレンタカー

海外レンタカーサービスを、優待割引価格で利用できます。

JCBプラザコールセンター

旅行でのトラブル時に、日本語サポートを受けられます。

こんなサービスもついているの?!JCBゴールド独自「GOLD Basic Service」の内容とは?

GOLD Basic Serviceとは、JCBゴールド独自のサービスのこと。

先ほどご紹介した、海外旅行や国内旅行における傷害保険や、ショッピングガード保険、空港ラウンジの利用なども、すべてGOLD Basic Serviceに含まれています。

しかし、GOLD Basic Serviceの優待特典は、それだけではないんです。

それ以外にも、たくさんの優待特典があるんですよ。

優待特典は、きちんと理解しておかないと、いざという時にうまく活用できません。

ここでは、おすすめしたいGOLD Basic Serviceの特典を、いくつかご紹介していきますね。

まず、GOLD Basic Serviceは

  • ベーシック
  • トラベル
  • グルメ
  • エンターテイメント
  • ライフ

の5つに分けることができます。

トラベルに関しては、先ほどご紹介しましたので、それ以外の特典サービスを見ていきましょう。

GOLD Basic Serviceのベーシックサービス

会員専用デスクで手厚いサポート

JCBゴールド会員だけが利用できる、専用のサポートデスクが存在します。

もちろん、通話料は無料

カードに関する全般的な問い合わせを、いつでも受け付けてくれますよ。

また、航空券やJR乗車券の予約にも利用できるんです。

会員情報誌「JCB THE PREMIUM」

JCBゴールド会員になると、会員情報誌「JCB THE PREMIUM」が送られてきます。

この会員誌は、「本誌」と「別誌」があり、お得な情報がたくさん掲載されていますよ。

旬な情報をキャッチするのに欠かせませんね。

GOLD Basic Serviceのグルメサービス

JCBゴールド グルメ優待サービス

JCBゴールド グルメ優待サービスでは、日本各地にある対象店舗にてJCBゴールドで支払いをすると、飲食代金の割引が受けられる、とってもお得なサービスです。

割引率は、利用する店舗によって異なりますが、20%オフになるお店も。

事前に調べていけば、お得に外食できるので、ぜひチェックしておきたいサービスですね。

京爛漫

京都でJCBがおすすめする旅館、飲食店、名品店などが記載されたガイドブックを利用できます。

GOLD Basic Serviceのエンターテイメントサービス

JCBゴールド ゴルフサービス

全国各地にある1200以上のゴルフ場の予約手配を、依頼することができます。

なかなか予約が取れない名門コースのゴルフ場でも、JCBゴールド会員であれば予約できちゃうので、非常に魅力的ですね。

JCBゴールドチケットサービス

演劇、コンサート、歌舞伎などチケットサービスを、実施しています。

良席保証、先行販売、特典付きチケットなども案内がありますよ。

GOLD Basic Serviceのライフサービス

JCB暮らしのお金相談ダイヤル

専門スタッフが、税務、年金、資産運用など、お金に関連する相談に対応してくれます。

相談内容によって、税理士やファイナンシャルプランナーに電話をつなげてくれるので、疑問や悩みを解決できるでしょう。

また、確定申告などの税に関する手続きのサポートもしてもらえるので、知っておきたいサービスの1つといえますね。

人間ドッグサービス

JCBが提携する医療機関であれば、優待料金で人間ドックが受けられます。

ドクターダイレクト24(国内)

健康や介護、育児に関する相談を無料で受けられます。

医師や看護師など、専門家が医療や育児に関する相談に対応してくれるので、安心です。

しかも、24時間、年中無休なので、好きな時に相談できますよ。

健康チェックサービス

痰などの検体を郵送すると、自宅にいながら専門家のアドバイスを受けられます。

ここまで見てきてお分かりのように、JCBゴールドには、一般カードにはなかった優待特典やサービスが、とっても充実しているんです。

入会キャンペーンも充実!作るなら今がチャンス!

ここまでJCBゴールドの魅力をお話ししてきましたが、いかがでしたか?

JCBゴールドを最大限に利用するためには、優待特典やサービスをしっかりと把握しておくことが大切。

プラチナカード並みの特典よさが魅力のJCBゴールドは、ぜひ作っておきたい1枚です。

今ならポイントをガツンともらえるお得なキャンペーンも実施中。

せっかく作るなら、ポイントをたくさんもらったほうがトクですもんね。

これまでに、JCBカードを一枚も持っていないという人は、いきなりゴールドカードを持つのは不安・・・という人もいるかもしれません。

JCBゴールドにチャレンジする自信のない方、まだJCBオリジナルシリーズのカードを一度も持ったことがない人は、「JCB一般カード」や「JCB CARD W」から作ってみるのがよいかも!

JCB一般カードやJCB CARD WはJCBゴールドに比べると審査も通りやすいですし、手軽に作れます。

先に一般カードやJCB CARD Wで、カードの利用実績を積み上げましょう。

その利用実績で、JCBゴールドにチャレンジしやすくなりますよ。

(関連記事)