Vプリカ

Vプリカや三井住友VISAプリペイドカードのようなプリペイドカードが、最近、やたらと注目されています。

そして、多くの方から、このプリペイドカードって、一体どのカードがいいの?という質問をよくいただきます。

そこで熟考してみたのですが、ワタシとしては、そもそもプリペイドカードを選ぶなら、デビットカードを選ぶことをオススメするべきだ、という結論に至りました。

プリペイドカードよりもデビットカードを選ぶメリットはたくさんあります。

たとえば・・・
<h2>メリット1:未成年者や、何らかの理由でクレジットカードを作れない方でもOKだし、ラク</h2>
Vプリカや三井住友VISAプリペイドカードなどのような<strong>プリペイドカード</strong>は、その名のとおり<strong>前払い</strong>のカードですから、その所有者に信用力は求められません。

だから、未成年者や何らかの事情でクレジットカードを作れない方でも問題なく作ることができます。

一方、<strong>デビットカード</strong>は、利用と<strong>同時に</strong>お買いもの代金が銀行口座から引き落とされるわけですから、銀行口座の残高の範囲内では信用力が100%担保されているということができます。

残高が足りなければ決済ができませんからね。

そのため、デビットカードはその所有者自身に信用力は求められず、未成年者や何らかの事情でクレジットカードを作れない方でも、やはり問題なく作ることができます。

それに、昔と違って今どきのデビットカードは、クレジットカードと同じ形式のカード番号を持ち、VISA、マスター、JCBなどのようなクレジットカード会社による決済システムを利用することができます。

つまり、体感的な使い勝手は、クレジットカードと何も変わらないんです。

さらに、チャージしたり、プリペイドカードをコンビニまで買いに行ったりする手間がない分、プリペイドカードよりもデビットカードのほうがラクというおまけまで付いてきます。

ですから、クレジットカードを作れないという理由で作るのであれば、プリペイドカードよりもデビットカードのほうがずっといいでしょう。
<h2>メリット2:手数料がかからない</h2>
まず、Vプリカや三井住友VISAプリペイドカードのようなプリペイドカードのデメリットとして大きいのは、コンビニ等で購入すると200円前後の手数料を徴収されてしまうことです。

例えば、手数料を200円とすると、2000円のプリカを買ったときの購入手数料は200円です。

手数料率は、なんと<strong>10%</strong>。

<strong>お金がいきなり10%減る</strong>わけです。

先払いなのに高い手数料がかかるって一体・・・

その点、デビットカードであれば、銀行口座から直接引き落とされるだけで、余計な手数料を引き落とされることはありません。
<h2>メリット3:有効期限がない</h2>
これは、実はとてつもないデメリットです。

Vプリカや三井住友VISAプリペイドカードのようなプリペイドカードには有効期限があり、放っておくと中のお金が全て使えなくなります。

しっかり覚えておかないと忘れがちなので、もう一度書きます。

<strong>プリペイドカードには有効期限があります</strong>。

かつて、NTTのテレホンカードやJRのイオカードなどのようなプリペイドカードがありましたが、あれを全て使い切れていた方っていますか?

私は今だに何枚も持っていますよ。使い切っていないテレホンカード。

もっとも、テレホンカードだったら、公衆電話がこの世からなくなるまでは完全に使えなくなるということはないと思いますけどね。

この点、デビットカードなら有効期限はありませんので、このような大事故の心配はありません。

安心です。

&nbsp;

以上より、わたしはプリペイドカードを作るくらいなら、デビットカードを作ることを強力にオススメ致します。
<h2>で、ベストの選択は何?と聞かれたら</h2>
いずれにせよ、プリペイドカードである限り、その名のとおり現金を先払いしなければならない点で、必ず不利になります。

ですから、未成年者の方や、何らかの事情でクレジットカードを作れないという方であれば、デビットカードを作るのが<strong>ベター</strong>と言えるでしょう。

しかし、もし作れるのであれば、やはり後払いや借り入れができるというメリットを活用できる、<strong>総合力の高いクレジットカード</strong>が<strong>ベスト</strong>ですよ。<span style=”color: #ff0000;”><strong>年会費は実質的に無料</strong></span>ですし、<span style=”color: #ff0000;”><strong>1~2回払いなら手数料も無料</strong></span>な上、<span style=”color: #ff0000;”><strong>ステータスも高い</strong></span>からね。

その上、いま急速に広まっている<strong>QRコード払い</strong>や<strong>Apple Pay</strong>、<strong>Google Pay</strong>などでも、クレジットカードさえあれば、預金残高が足りなかったりチャージをし忘れたりしていざというときに支払いができずに困るという心配もなくなります。

とにかく、<span style=”color: #ff0000;”><strong>後払いでいいというのはすさまじく便利で安心</strong></span>なんです。

これが、「<strong>お金について分かっている人</strong>」の、現状における最も賢い選択です。

(関連記事)
<ul>
<li>クレジットカードおすすめ総合ランキング </li>
</ul>